講師・教室紹介

塾長のご紹介

樋口 健太 ひぐち けんた

私の経歴からお話致します。
福祉の仕事をしてみたいなと軽い気持ちで最初に入ったのが社会福祉法人釧路のぞみ協会さわらび学園。
そこでは18歳以上の障碍者(主に知的障害)の方々の作業支援をしていました。
次に介護で正職員の道に進むため、標茶にあったデイサービスつどい(老人)で介護員として勤務。
主に日常生活の介護をさせて頂き働きながら福祉の道への思いでまずホームヘルパー2級の資格を取りました。
その後も様々な福祉の仕事を経験し、福祉の世界に新たな夢を抱いていました。
そんな時に出会ったのが医療法人社団田中医院事務長。
一緒に事業を立ち上げないかお誘い頂き、先ずは放課後デイサービスで学習支援を担当。
そこで「放課後デイサービスには学習支援が大切では」と思い、2018年7月にこの「個別指導塾らいず」を開設致しました。

実は私には昔から学校の先生になりたいという夢がありました。
半ばあきらめていた時に始めた個別指導塾らいず。
最初は半信半疑で戸惑いながら始めましたが、今は自信を持ち、何とか初めての受験生も全員合格。
低学力で集団塾は限界があると自分でも思っています。
そんな子供たちに楽しんでもらいながら、
勉強だけでなく社会スキルなども人間性を通して伝えていきたいと思います。
学力+人間力+個性がこれからの時代には絶対に大事です。
学校よりも面白くためになる
福祉の世界で培った私にしかできない
新しい形の塾を目指せたら!!

特別講師のご紹介

西脇 雅仁 にしわき まさひと

出身校:早稲田大学(高等学校教諭Ⅰ種免許取得(公民)
所属:2008年日本製紙クレインズ入団(現:ひがし北海道クレインズ)

略歴

高校時代は釧路緑ヶ丘高校でプレー。その後早稲田大学へ進学、2004年にはアジアリーグアイスホッケーの日本製紙クレインズに入団。 2007年にアジアリーグでクレインズが優勝。 また、2006年と2007年には、全日本アイスホッケー選手権大会で優勝。ここでの活躍により、ECHLのデイトン・ボンバーズに移籍、その後再び日本製紙クインズへ戻る。2009年と2014年のアジアリーグ優勝、2010年と2011年には全日本選手権大会で優勝。アジア冬季競技大会では2007年および 2011年に金メダルと銀メダルを獲得。2017年大会では日本はカザフスタン、韓国に次ぐ銅メダル。冬季オリンピック予選においても2010年バンクーバー大会、2014年ソチ大会、2018年平昌大会いずれも中心選手の一人。

ご挨拶

私はアイスホッケー選手になるのが小さい頃からの夢でした。
その夢を叶える為に沢山の壁に打ち当たり苦労もしました。
でも「絶対にアイスホッケー選手になるんだ」と自分に言い聞かせ、努力を重ね、実際にアイスホッケー選手になる事が出来ました。
厳しいプロスポーツの世界にいた私にしか伝えられないことが沢山あると思います。
子ども達に同じ気持ちや夢を持って貰えるような関わり合いをしていきたいと思っていますので宜しくお願い致します。

教室紹介

個別指導塾らいず

〒088-0626
釧路郡釧路町桂2-1-2

0154-65-8753

※タップでそのままお電話できます

タップでそのままお電話できます

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して送信ボタンを押してください。